恋愛心理学的に見る目をそらす人の真理

私は「話す時にじっと目を見つめるのは興味がある証拠」という恋愛心理学を知って実行した時、相手に睨んでいると思われた事がありました。

恋愛心理学では、目をそらす=嫌いと言いますが、実際に人の目を見て話をするというは結構難しい事だと思います。
恋愛心理学とは別の話になりますが、目って不思議なもので、その時の感情がはっきりと表れますよね。
せっかく勇気を出して、恋愛心理学で言われている通りに目を見て話したのにと、とてもショックを受けたのを覚えています。
ですから、私の周りの人が恋愛心理学を知っていれば、私が誰を好きなのか誰が嫌いなのかが一目瞭然だと思います。
恋愛心理学の詳しい情報は、ネットやブログで調べてみて下さいね。

恋愛心理学だけではありませんが、人は見たくないものには目をそらしたくなるのが普通です。
よって、恋愛心理学でも「目をそらす」というのは嫌いのサインだとされています。
「目は口ほどにものを言い・・・」
口で言わなくても目を見れば、その人が考えている事がわかると恋愛心理学に限らず言われている事はご存知だと思います。
恋愛心理学的にはそうであっても、実際は大好きすぎて目をそらしてしまう人もいると思いますし、一概には言えません。
ですから、いくら恋愛心理学的に目をそらすというのが嫌いのサインと言われていても、それだけでは決め手にはならないという事です。
恋愛心理学的じゃなくても、目が合った時すぐにそらしたら感じ悪く思われてしまう場合があるので注意が必要ですね。
私の友達は、好きな人の前でどうしてもツンツンとしてしまい、目が合えば恥ずかしくてそらしてしまうと悩んでいたので、恋愛心理学の理論には当てはまりませんよね。
これはあくまで恋愛心理学的に見た場合なので、目をそらす事が全て嫌いに繋がるわけではありません。
コンプレックスがあったり自信がなかったりと人それぞれあるでしょうし、自信を持って目を見て話すのは恋愛心理学に関係なく意外に簡単ではありません。恋愛心理学上、相手の心を知るのに重要なのが「目」です。
恋愛心理学的な意味で、私はよく「感情が顔に出る」と言われますが、おそらく目が感情によって変わるんでしょうね。
おそらく私は相当必死な目をしていたんだと思いますが、目だけで人に気持ちを伝えるというのは無理なんだという事が、この恋愛心理学を試した時にわかりました。
恋愛心理学では、話をする時にチラチラ見るのは好きの証拠、目を横にそらすのが嫌いの証拠と言われています。