恋愛心理学に基づいた行動分析

恋愛心理学を勉強して、恋愛テクニック上級者になると相手の気持ちを分析するだけでなく、相手の気持ちをコントロールできるようになるそうです。
しかし、何もしないで受身でいる人より、何でもやってみようと前向きな人の方が何倍も魅力的だと思いますよ。
人の行動を起こす時、恋愛心理学的に限らず必ず理由があります。
だから、恋愛心理学をあまり知らない男性にもバレやすいです。
例えば、付き合っている男女が会話をしている際、男性が急に早口になったという事を恋愛心理学的に見れば「男性が後ろめたい事がある、または嘘をついている」になります。
だから、それを行動から分析するのです。

恋愛心理学は、相手の気持ちを知るには有効ですが、やはり恋愛は自分を常に「良い状態」にしておく事が重要なのではないでしょうか。
恋愛心理学は、相手の心理を知ると同時に、自分自身にも向き合えるのではないでしょうか。
恋愛心理学を勉強するのも良いですが、美味しい物を食べて、十分な睡眠を摂り、充実した生活を送る事によって、自分を磨く事ができますよ。
恋愛心理学で本当にそんな事ができるの?と疑問に思う方もいらっしゃると思います。
例えば「声」ですが、簡単に言うと人は高い声の時は機嫌が良い、低い声の時は不機嫌と恋愛心理学に限らず言われています。
これを利用して、低い声の時は話題を変えたり、高い声の時は共有できる話題を出したりと恋愛心理学を知っていれば会話の主導権を握る事ができるのです。
相手の気持ちをコントロールできるのなら、相手の気持ちを自分に向けるという事も恋愛心理学では可能だという事になりますよね。恋愛心理学において、行動やしぐさが最も注目すべき部分だと思います。
自分では意識していなくても恋愛心理学的に見れば、行動やしぐさでその時思っている事や深層心理がわかってしまいます。
例え、恋愛心理学で好きな相手の行動を分析しても、自分自身が努力しなければ相手との未来はないと思います。
元々早口な私は、後ろめたい時や隠し事している時は、さらに早口になるので上手く話せず噛んでしまう事があります。
確かに、この恋愛心理学の通りで人は嘘をついたりすると早口になりますよね。
私の場合は分析するまでもありませんが、口が上手い人やポーカーフェイスの人は、バレていないと思っていても恋愛心理学を知っている人には、バレてるかもしれませんよ。
詳しい恋愛心理学は、ブログやネットで勉強しながら自分磨きを頑張りましょうね。