結婚相談室でお見合い

やはり男性の方が参加者が多いのでしょう、女性を確保するためか、女性は安めの会費です。
お見合いパーティーに興味がないとわたしが答えると、その結婚相談室の職員は、「それは女性に興味がないということですか」などと言ってきました。
結婚相談室はお見合いパーティーで会費を徴収することで、利益を上げるわけです。
勧誘における話術の範囲内なのでしょうが、それにしても嫌味な言い方だったので、わたしはさっさと電話を切ってしまいました。
いや、そもそも結婚相談室というのは、お見合いを斡旋するところだという印象が、わたしにはありましたが。
まあ、結婚相談室に行ったこともないわたしが印象で物を語ってはいけないでしょうが。
現代でこそ、恋愛結婚に憧れる人も多いですが、お見合いは結婚相談室も目をつけるほど有効な手段だということでしょう。
結婚相談室のお見合いパーティーの会費というのは、男女平等ではありません。

結婚相談室では、お見合いパーティーが盛んに行われているようですね。
わたしが受けた結婚相談室からのお見合いパーティーの勧誘の電話も、結構しつこかったですよ。

結婚相談室でなくても、お見合いパーティーは開催しているようではありますが。
晩婚化が進む現代日本では、結婚相談室もお見合いを勧めていくべきかもしれません。
そして結婚相談室がビジネスであるからには、利潤を追求しなければなりません。
もちろん、わたしが資料を請求した会社が、ちょっと嫌なところだったというだけで、多くの結婚相談室はこういうところではないとは思いますが。
でも、お見合いパーティーに人を集めるために、結婚相談室も必死なのかもしれませんね。
決して印象のいい結婚相談室ではなかったので、社名はここでは伏せますが。
だからこそ、結婚相談室は他社のお見合いパーティーに人をとられたくないのかもしれません。
結婚相談室だって、慈善事業ではなくビジネスなので、シビアな戦いなのでしょう。結婚相談室でも、話によると、お見合いというのが行われているようですね。
お見合いは日本に根付いている風習ですから、結婚相談室も大事にするのでしょう。
そして結婚相談室から、お見合いパーティーの勧誘の電話が来たことはあります。
ただ、わたしも結婚相談室の資料を請求したことくらいはあるんですよ。
ということは、結婚相談室でもお見合いパーティーでも、女性を巡って、男達の戦いとなるでしょう。
強い男が勝つのは、結婚相談室でも動物の世界でも変わらないのかもしれませんね。