恋愛依存症とは

恋愛依存症とは、絶えず恋愛をしていないと生きていけないというような心理状態にある人のことを言うようですね。

恋愛依存症がストーカー行為へと繋がっているという見方をしている人もいるようですね。
常にトキメキを感じていたいといった恋多き人も、恋愛依存症になりがちなようです。
やっかいな人ばかりを恋愛対象として選んでしまったり、別れたほうが自分にとっては幸せだと分かっていても別れを選択できないといった人も恋愛依存症なのだとか。
で すから、恋多き人というのは、常に他人から愛されたいと思い、常に自分もときめきある恋愛をしていたいと感じるようですから、恋愛依存症だと考えても 良さそうですね。
ただ、恋愛依存症と恋多き女の言葉のニュアンスを考えたとき、恋愛依存症よりも恋多き女のほうが、とても前向きな感じがするのは 私だけでしょうか。
そして、恋愛に対して幻想を抱いている人が恋愛依存症のようです。
まあ、恋愛は、想像している以上に過激ではなくて平和だったり、付き合っている最中に相手の悪いところが見えて冷めてしまったりします。
恋愛依存症の方は、自分が想像していた恋愛の形と違う形だったりすると、破滅的な行動に走るとか。
なんとなく恋愛依存症には悪いイメージが付きまといますね。
なんでも、異性から愛されたいといった願望や、誰かに自分のことを守ってほしいと常に感じているのが、恋愛依存症なのだとか。
恋多き人は、恋愛依存症といったところでしょうか。
恋愛依存症に関する解説がネット上には公開されていますから、もしかしたらと思い当たるふしのある人は、ぜひ、チェックを入れてみてください。
ただ、現在、ゲーム感覚で知らない相手にもストーキングを行う場合もあるようですから、そこは、恋愛依存症と違いがあるように思います。
人間関係へ依存しているのが恋愛依存症ということですから、その人に対して好意あるいは恨みを抱いているからストーキングをするストーカーとの間に共通点があるとしています。
どうしようもない相手に尽くすというのが恋愛依存症のようですから、この、どうしようもない相手の基準が重要だと思います。
ただ、女性の場合は尽くすことが美徳とされていた時期もありましたから、一概に相手に尽くすのが恋愛依存症とは言い切れないでしょう。

恋愛依存症は、様々な症状の現れ方があるようです。
しかし、どう考えても幸せにはなれないだろうという状況下で尽くすと恋愛依存症を疑うようです。
今、よく聞くストーカーなどは、この恋愛依存症に当てはまるのでしょうか。
尽くす価値がある相手なのであれば、どんなに尽くしても恋愛依存症には当てはまらないのでしょう。