恋愛依存症治療は悪い恋愛を絶つこと

恋愛依存症治療ですが、とても難しいようです。
依存症と聞くと、アルコール依存症や薬物依存症といったものを思い浮かべると思いますが、恋愛依存症も、そんな依存症の一つだとされています。
ですから、アルコール依存症の人がアルコールを辞めることが難しいように、恋愛依存症の人も、依存する恋愛を辞めることは難しいようです。
恋愛をすることそのものを辞めるのではなく、恋愛に依存することを辞めることが恋愛依存症治療になります。
例えば、暴力を振るう相手との関係がやめられない場合は、恋愛依存症かもしれません。
ただ、どこまでが通常の恋愛で、どこからが恋愛依存症なのかは、線引きが難しいように思います。
恋愛に失敗した経験って誰でも持っているものですから、それをいちいち取り上げて恋愛依存症とするのも、妙な話だと思います。

恋愛依存症を治療するには、まず、自分が恋愛依存症かどうかを知ることでしょう。
そして、どう考えてもヒモだろうという相手と別れられない人も恋愛依存症と考えられます。
暴力を振るう相手なのですから、傍目から見たら別れたほうが良いと思える相手です。
周囲の人から危険だと言われている男性と恋愛するとスリリングで、これを恋愛依存症と呼ぶのも、少々疑問を感じてしまいます。
しかし、恋愛依存症の人にとっては、最愛なる人で、どんなに殴られようとも、その人との関係を辞めることはできません。
ただ、このように考えると、恋愛依存症の人って、案外多いのではないでしょうか。
そして、良い恋愛ができるようになれば、恋愛依存症が治ったと考えて良いのかもしれません。
気になる人はチェックして、恋愛依存症から脱却しましょう。
ただ、周囲の人が見たときに、どう考えたって絶対に別れたほうが良い、あるいは、絶対に幸せになれないというような恋愛を、再三繰り返しているのであれば、恋愛依存症でしょう。
何度も何度も辛い恋愛を繰り返していたら、精神的にも辛いでしょうし、身体ももたないでしょう。
自分が恋愛依存症かどうか、そして治療法はどのようなことをするのか、インターネット上にはたくさんの情報が掲載されています。
恋愛に依存するということは、相手に対して恋愛感情を持つというよりも、相手との関係そのものに依存をするのが恋愛依存症です。
ですから、相手の意思が優先で自分の意思は関係ないといった、あまりにも自分が相手に尽くしすぎる恋愛をする人は、恋愛依存症と考えられます。

恋愛依存症の治療は、長期にわたる治療になると思います。
アルコール依存症や薬物依存症の治療のように、まずは、悪い恋愛を絶たなければならないと思います。