ブライダルジュエリーの歴史

ブライダルジュエリーは、それでは歴史上、日本にはいつ伝わったのでしょうか。
この時代、男性はブライダルジュエリーに愛の言葉を書き記して、女性に贈ったそうです。

ブライダルジュエリーですが、古代ギリシャから古代ローマにも受け継がれました。
キリスト教はブライダルジュエリー、つまり結婚指輪の風習を広めていきました。
そんなわけで、ブライダルジュエリーの歴史というのは、実はかなり長いということなんです。
古代ギリシャいうのは、歴史でも習ったと思いますが、紀元前2000年レベルの昔の話となります。
女性はブライダルジュエリーが、男性は歴史が好きですから、間をとればちょうどいいでしょう。
現代にも通じる、ブライダルジュエリーのロマンチックなエピソードですね。
そんなことを、ブライダルジュエリーの歴史を見ていると、考えるようになりました。ブライダルジュエリーの、今回は歴史について調べて、ここで述べたいと思います。
当時のブライダルジュエリーはジュエリーというよりは鉄製の指輪だったようですが、やがてきれいな指輪になっていきます。
こうして、ブライダルジュエリーの本格的な歴史が始まっていくというわけです。
また、ローマ帝国でキリスト教が国教化されたことは、歴史で習ったとおりですが。
どうやら、日本でブライダルジュエリーが始まったのは、明治時代のようです。
そして歴史上、ヨーロッパにブライダルジュエリーが本格的に広まったのは、中世ルネサンス期だったそうです。
この辺りから婚約指輪に宝石が使われ始め、ブライダルジュエリーらしくなっていきます。
さて、ブライダルジュエリーというものの風習はいつから始まったのでしょうか。
調べたところ、ブライダルジュエリーの歴史は古代ギリシャではすでに始まっていたとのことです。
このころは指輪だけで、宝石はまだですが、ここではブライダルジュエリーで統一したいと思います。
このように長い歴史を経て、ブライダルジュエリーは現代に至ると、まあそういうわけなんです。
さて、そんな長い歴史に思いをはせると、ブライダルジュエリーも大切に考えなければならないと思いませんか。
歴史上、多くの男性がブライダルジュエリーを贈り、多くの女性が受け取ってきたのです。
まさに、ブライダルジュエリーの歴史は人類のドラマの足跡でもあるのではないでしょうか。
そして、大正時代にはブライダルジュエリーの宣伝が行われていたとのことです。