月別アーカイブ: 2011年2月

不倫で別れる方法

別れる事がゴールの恋、それが不倫ではないだろうかと私は思います。
けれど、時には、不倫をしていた2人が一緒に新たな人生を歩き出す事もあります。
不倫がいいとか悪いとかは一概には言えないし、家庭にはもうすでに存在しない愛を求めて不倫に走る人が少なくない現実もある事は知っています。
だから、少なくとも、心ではなく体を求める不倫だけは何とか減って欲しいものです。
そのまま何もかもを尽ききって、2人の関係尾を守り続ければよかったのに、それが出来なかったところに、現実というのがあるのではないかと思いますね。
その結果、別れる事がゴールであってもいいと思い、不倫が成立してしまうのです。
とは言え、例え不倫であっても、普通に恋愛感情を持って付き合い始めた以上、別れるのは本当に辛いものですよねぇ。
だから、本当は不倫はしちゃいけないというより、互いのためにしない方がいいんですよね。
ついつい今を大切にする事に徹し、その瞬間の感情を大事にしようとします。
けれど、それでも、それが解った時にすぐさま別れる決心の出来る人と出来ない人がいて、さらに2人を取り巻く様々な関係が悪化してしまうケースもしばしばです。
最初から別れる事を前提に付き合う恋愛なんて恋愛じゃないと考えている人なら、よけいに不倫には躊躇するべきでしょうね。
まあ自分自身が以前取引先の女の子と不倫して、別れるのにかなり手間取ったらしんですけどね。
まあもっとも、自分が結婚している事を隠して近付いて来る人もいますから、気が付けば不倫をしてしまっていたという人も少なくはない事でしょう。
そこまで自信を持って言い切るのなら、何も別れる必要なんかないでしょう。
不倫が引き起こす犯罪は、後を絶たず、身も心も傷付けられる人だって多いのです。
だって、日本の法律は、不倫や二股を一切規制していないし、無理に別れる事を促してもいません。

別れる事がゴールの恋、それが不倫だという考え方自体がおかしい、間違っているのだと言う先輩がいます。
別れる事がゴールだなんて、そんな悲しい恋なんかしたくないじゃないですか。

別れる事がゴールの恋イコール不倫、この式から出される最も一般的な答えは、やはり当事者通しの関係を崩すというパターン。
ようするに、不倫をしている2人が綺麗サッパリ別れるという形ですね。
ただ、いつか必ず別れる日が来る事を解っていても、今この瞬間の感情に忠実に生きたいと思うのが男と女、恋愛というものなのでしょう。
その場合、別れるのは、不倫をしていた人と、不倫をされていた夫や妻。
所謂離婚という悲劇のもとに、新たな不倫ではなくなったカップルが誕生するというものですね。
とにかく、好きな人と好きなように付き合えないのは、自由民主主義の国にあっておかしいというのが、その先輩の言い分のようです。
しかし、こういう答えを出した場合、子供たちも大好きなパパやママと別れる事になる訳で、巻き込む人の多さに胸傷む事でしょう。
ただ、やはりそのゴールは、いつか誰かと別れる事である事は、不倫を題材にしたブログやサイトを読んでいても、よく解りますね。
ですから、別れる事がゴールの恋イコール不倫と言っても、その式からはじき出される答えにはいくつものパターンがあります。
ただ、そこには法律とか哲学という難しいものではなく、人としての生き方や考え方というもっと身近なものが深く関わって来て、2人の関係を大きく左右していくのです。

彼女と別れる理由

けれど、彼女と別れた男友達から、そういう思い出の品を処分したとか処分したいとかっていう話は聞いた事がありません。
ついに10年近くも付き合っていた彼女と別れる事を決めた友達を励まそうと飲み会を開いたところ、こんな風に言って笑って真下。
別れることは新たな旅立ちを迎える事ですから、気分一新、少しでも早く次の出会いを見付ける事が、少しでも早く確実に立ち直るコツなのではないかと私は思いますね。
ところがところが、男友達となるとこれが案外そうでもなくて、口では偉そうな事を言いながらも、心の中ではまだまだ時計の針が進んでなかったりもするんですよね。

別れるという事は、そこで一旦互いの関係を仕切り直す訳ですから、なるべく過去を振り返らなくてもいいようにする必要性があると思うんですよね。
また、恋愛関連のブログやサイトと一緒に、ファッション関連のブログやサイトも読んで、自分自身をイメージチェンジしてみるのもいいでしょう。
冗談半分によく、あいつと別れる事にしたら、そのトートちょうだいねっとは言ってたんだけど、まさか本当になるとはビックリですよ。
別れる前に彼女と買ったお揃いのTシャツを来てたり、彼女にもらった財布を使っているやつも結構います。

別れると決めた以上、なるべく彼氏や彼女の存在を一日も早く遠ざける事が大事。
女性はそれを知っているからでしょうか、別れると決めた瞬間に、彼氏との思い出の品を全て処分してしまう人も少なくありません。
どこかのカップルが別れれば、質屋が喜ぶという笑い話を聞いた事もあります。
でも、誰が見ても、思い切り無理してるの見え見え、もっと素直になればいいのになぁって感じでしたね。別れるのって、もっと辛いかと思ったけど、案外そうでもないね、自由になる時間とお金が増えて万々歳だよ。
実際私が今使っているブランド品のトートバッグは、彼氏と別れる事を決めた女友達からもらったもの。
元彼からのバースデープレゼントで、ラブラブだった頃はお気に入りだったんだけど、別れた翌日、あっさり私にくれちゃいました。
女性は彼氏や旦那と別れると、確かにその時は辛いんだろうけど、割と立ち直りが早いというかなんというか・・・。
まあね、男性の場合は、自分で改めて身の回りの物を揃えるのが面倒だとか、うまく出来ないというのもあるんでしょう。
でも、その不器用さが武器となって、彼女と別れる事にした事を幸運に出来るかも知れませんよ。
だったら、身近な女性に彼女と別れる事にしたから出直しのためのコーディネイトをしたいと素直に打ち明け、相談してみましょうよ。
彼女と別れる事を決めた瞬間、プレゼントされた物を全て処分したら、確かにたちまち困るかも知れません。
私のこれまでの経験から見ると、そういつまでも引き摺らない人の方が多い洋な気がします。
それも、多少なりとも好意を持っている女性や、自分に好意を持ってくれていそうな女性がいれば、その人を頼る事によって、新しい何かが生まれるかも知れません。
また新たに揃えればいいとは言え、男性の中には、そういう事が苦手な人も少なくない事でしょう。
とにかく、別れると決めた以上、過去を振り返らず、未来を少しでも見つめる事が何より重要なのです。
例え理由はどうあれ、最終的には自分から別れる事を決めたんだ、今は別れて良かったなどと涼しい顔して言い切るだけでなく、しっかり新しい人生を歩き出しています。
彼女と別れる前と同じように、プレゼントされたネクタイを締めて会社に来ている後輩もいます。

彼氏と別れる方法

恋愛について語られているブログやサイトを読んでいても、とても切実な内容が少なくなく、その事がよく判ります。
もうあまりに煩かったから、腹がたって、言っちゃいましたよ、「別れるならさっさと別れちゃいなさいよ!」ってね。
昨夜、突然妹が訪ねて来て、散々彼氏の悪口を言った後、完全に酔いつぶれて、一晩泊めるはめになりました。
私にしてみれば、今日は仕事で朝早く出かけなきゃいけなかったし、正直、妹たちが別れるだの別れないだのって、どうでもいい事だったんですよね。
特に、女性にとって、彼氏と別れるという事は、人生の大きな転機でもあります。別れるんだ、あんなやつ絶対、こっちからさっさと別れてやる〜。
ちょうど、相手の短所が見え始め、別れる事を考える最初のハードル地点ですよね。
勿論、その時はすごく辛くて、何もかも忘れてしまいたいと思った事もあります。
そしたら、面白いんですよ、妹ったら、すっごくマジな顔して怒るの。
彼と別れるか別れないかは私の自由で、お姉ちゃんにとやかく言われる事ないってね。

別れるという事は、辛く悲しい結末である事が少なくありません。
それでも、ぐだぐだ言うから、別れるなら別れちゃえって言った訳ですよ。
マジで、もう少し大人にならないと、本当に彼氏と別れる事になりそうですね。
一体全体、妹は誰に似たのか、ほんと、困ったものです。
実際、失恋の痛手に耐えきれず、自らの命を絶つ人もいます。
本気でその恋と別れるのは、もっともっと恋愛が進行してからの話ではないかと私は思います。
という事で、途中からは、とにかくもうなんとか早く寝かそうと思って必死でした。
私だって、もうアラサーだし、彼氏と別れる事位、何度か経験しています。
別れる事で人生を変えられるのは確かですが、みんながみんな、いい風に変えられるとは限っていないんですよね。
これを飛び越えれば、また少しは長持ちするんだろうけど、それは本人同士の問題であって、私が入り込める世界ではありません。
しかし、あの妹が、本当に彼氏と別れる日が来たら、一体全体どうなるんだろうって、ちょっと、いえいえ、かなり不安になりますね。
まあ、結局妹は彼の事が好きみたいだし、今のところ、別れる気はなさそうです。

別れるか別れないかは私の自由、私にとやかく言われる事じゃないって、最初から、こっちもそう言ってるじゃないですか、ねぇ。
だって、付き合い始めてまだ1ヶ月位だし、お互いの友達にも、勿論家族にもろくに紹介してない時点でしょう。
取り敢えず、ケンカしたのは間違いないようだけど、今はまだ、ケンカしたからって、すぐ別れ話になる時じゃないですもんね。
そう言えば、昔どこかでこんな歌を聴いた事がありますね、「別れる事は辛いけど、仕方がないんだ君のため・・・!」とかなんとかっていう歌。
お父さんがお風呂でよく歌ってたような気がするから、多分昔のヒット曲なんでしょうね。
ああ、なんともバカバカしい話、付き合わされる方が災難です。
て、これだけ酒癖悪かったら、彼だって別れる事を考えてるんじゃないのって思いますね。
でも、彼氏と別れるだの別れただので、人様に迷惑を掛けた事はありません。
それに、立ち直るのに時間の掛かる別れも少なくないし、さあ、明日から何もかも振り切って、人生の再出発だ〜っとは、中々言えないものです。
とにかく、あの詞の通り、本当に彼氏と別れる事は辛いものです。

別れる夢を見た後のその後

別れる事は悲しいもの、確かに、人目もはばからずワンワン泣く人だって少なくありません。
あの子、俺と別れるのが辛くて、見ろよ、泣いてるよ、こういう時って、辛いなぁ。
例え純粋に愛していたとしても、それとは別に現実を受け入れる能力というのが身に付いているから、卒業式で別れるのが辛くて泣けるのは、高校生の特権かも知れないけど。
彼を遠目に見ながら泣いていたのは、彼が所属していた陸上部の後輩の女の子。
事実、今でもその同級生たちとは親しくしているし、月に一度は会っています。
彼女は、ただ単に花粉症の持ち主で、天気のとてもよかった私たちの卒業式の日の中庭は、彼女にとっては辛い場所だったのです。
喜んでも悲しんではいけない訳だから、うん、もし彼女が本当に彼の事が好きだったとしても、いえいえ、本当に好きだったら泣かないでしょう。
まあ他人様の花粉症の涙を自分に対する別れの涙だとここまで思い込めれば、幸せではありますよね。
私たち同級生はみんな解っていたので、バカじゃないのって言っていましたが、それでも、まだ彼女が自分と別れるのが辛くて涙を流していると思いたい友人。
ある意味、卒業式などで別れるという事は、それぞれが自分の夢に向かって旅立って行く事。
別れる瞬間は確かに辛いけど、卒業式の別れは、永遠の別れにならない事も大いにあります。
そう、彼と別れるのがつらいんじゃなくて、そこにいる事が辛かっただけ。
結局今もその日の卒業式の光景を大切にし、いつか再開出来る、俺たちは結ばれる運命にあるんだって、密かに夢見ているようですよ。

別れる事に夢を抱ければ、マジ、それはそれでほんと素敵な事だろうとは思いますよ。
そういう事を考えると、むしろ卒業式の日に別れる事が辛くて泣くっていうの、逆に変じゃないですか。
嫌いな先輩と別れる事を喜ぶ感動の涙かも知れないとか言って笑っていたクラスメイトもいたけど・・・。
ただ、入学式シーズンになると、今度は出会いをテーマにしたブログやサイトが急増するのもまた事実。
これから先、もっともっと沢山の出会いと別れを繰り返していく訳じゃないですか。
卒業式で愛しの人に別れるのが辛くて泣くというのは、せめて大学位までお預けにして欲しいものですよね。
みんな、憧れの先輩や先生と別れるのが辛いなんて語っていますよね。
卒業式の時、こんな事を言って、一人で勝手にロマンティストを演じようとしていた同級生がいました。

別れる事は辛いけど、仕方がないんだ君のため、なんていう歌を、昔よくおじいちゃんが歌っていました。
その証拠に、彼女は他の先輩に握手と写真撮影を求めていました。
結局はそんな卒業式での別れるシーンに夢を抱いている人も、実は多いんじゃないかと思ったりもしますね。
ただ、大学生位になると、世の中の酸いや甘いが大分解って来て、そこまで純粋に人を愛せなくなってしまう可能性もなくはありません。
卒業シーズンになると、やたらめったら別れをテーマにしたブログ記事やサイトが増えて、人気を集めます。
卒業式の別れに、男と女の別れを紛れ込ます人も少なくはありません。
けれど、今思えば、高校生の頃からそこまで重たく別れるという事を考えなくてもいいんじゃないのかなぁ。
でも、私たちは知っていました、彼女が泣いていたのは、彼と別れる事が悲しかったからではありません。